Bevel 2004:家電リサイクル法について知っておくべきこと家電のリサイクル

Bevel 2004:家電リサイクル法について知っておくべきこと

日本の小型家電リサイクル法は、あなたが何をしていても、実際にリサイクルを安くするわけではありません。リサイクルは無料だと思うかもしれません。たとえば、Bevelで中古家電製品の取り扱いについて問い合わせることができます。ほとんどの場合、あなたは輸送または輸送の代金を払わなければなりません、さもなければあなたはあなたのゴミを取るために実際にリサイクル会社のお金を払うでしょう。 

いずれにせよ、日本が非常に厳しくしている、寿命に達した電化製品を取り除く必要があります。リサイクル法について簡単に説明します。

法律の目的は、リサイクル志向の社会を推進すること、法律は

です。これまで日本が使用済みの家電製品から鉄鋼などの金属を回収するだけであったのとは異なりそれらを適切に回収して効率的にリサイクルし、使用できるようにするシステムを確立しました。新製品で。

家電メーカーは、家電部品を埋め立て地に捨てることが許可されていないため、自社製品のリサイクル施設を建設しました。

リサイクルが良い理由はたくさんあり、3つの重要な理由から必要です。第一に、埋め立て地と廃棄物処分場はすでに埋め立てられており、土地のスペースが限られているため、新しい場所を開くことはできません。第二に、毎日の新製品に対する需要の高まりは、すでに枯渇した天然資源を使い果たしています。第三に、人々によって生み出された汚染と廃棄物は、さらに速いペースで環境を破壊しています。

法律は、さまざまな種類の材料に関する規制を規定しています。

家電リサイクル法には、重量ですべての家電製品の約80%を占める4つの家電製品タイプがあります

  • 。CRTテレビとフラットパネルテレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫と冷凍庫
  • 洗濯機と乾燥機

家電のリサイクルに加えて、法律は次のような個々の製品の廃棄を対象とする規制も規定しています。

  • コンテナとパッケージ
  • 食品のリサイクル使用済み
  • 車両のリサイクル法
  • 建設資材のリサイクル

すべての規制の目標は、天然資源の消費を減らすことです。 、廃棄物の処理量を減らし、可能な限りあらゆる方法で材料をリサイクル資源として再利用します。 

廃棄の懸念に対処するために、法律は、リサイクルの標準的な操作手順として、農産物-使用-返品-利用のシステムを作成しました。

誰もが廃棄物を減らすためにリサイクルで果たすべき役割を

持っていますはい、あなたは廃棄物発生者であるため、電子ゴミを捨てるためにお金を払わなければなりません。法律は、家電メーカー、小売業者、消費者の役割を分けています。 

  • 消費者は回収・輸送料金とリサイクル料金を支払うことで協力します
  • 家電小売業者はアプライアンスを収集して輸送する
  • 義務があります家電メーカーはアプライアンスをリサイクルする義務が

ありますアプライアンスを使用するためのメーカーは、双方向にお金を払わなければならないように聞こえるかもしれませんそしてそれを取り除くためのリサイクル会社。しかし、ベベルのようなリサイクル店にそれを処理させると、それは環境に役立ちます。それはあなたに利益をもたらすだけでなく、あなたの家族、あなたの子供たち、そして彼らの将来にも影響を及ぼします。それで十分なはずです。